岩井つづら店の建替え2

2014年4月4日

地盤改良工事完了後の捨てコン、すみだし作業

捨てコンに墨だしを引いたところ掘り出した土は、廃土するのではなく青い養生シート下に盛り上げて廃棄物をなくしてます。盛り土している場所は、基礎部分を除いたところで捨コンの上にこれから作成する鉄筋の位置を示す墨が書かれてます。捨コンの下には、地盤改良して15m下に打ち込んだ鋼材あり、家を支えていきます。

 

 

 

 

 

 

2014年4月10日

捨コンに引かれた隅に合わせて鉄筋の組立が始まりました。

鉄筋の組立 結束線  鉄筋の組立作業

一つ一人手作業で細番線(結束線)で鉄筋を結束して形を作っていきます。

大変な作業です。

 

 

 

 

 

 

2014年4月17日撮影

型枠の組立作業

型枠の組立 土間の型枠

型枠の組立が始まりました。

鉄筋の組立が終わり、鉄筋の回りを型枠で囲いコンクリートを流し込みます。

鉄筋組み、型枠工事は、家にとって大変重要な工事です。良い基礎ができて、良い家ができ、安心して暮らして行けると良いですね

 

 

 

 

 

2014年4月22日 撮影

型枠の完成

型枠の組立が完了しました。

住宅だけの建物では、基礎の高さは、みんな同じ高さなのですが、店舗があるので、お店の入口部分は、道路の高さにしています。型枠も複雑なつくりになってます。

この後、天気予報を見ながら、雨の降らいない予報の日にコンクリートを流し込んで基礎の完成になります。

 

 

 

 

 

 

2014年4月26日

コンクリートの流し込み完了

コンクリートの流し込みが完了しました。今日は、天気の良く、午前中にコンクリートを流し込みを完了したようです。明日、明後日も天気は、良いようです。コンクリートの乾燥に良い日でした。

コンクリートの流し込みは、コンクリートを流し込んだ後、振動を与えで中に気泡ができないようします。気泡があると気泡部分の強度が落ちてしまうためです。

型枠が取れたころ、また、確認しに行く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Pocket

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL