引っ越しの準備が始まり古い新聞の切抜きがありました。

祖父常吉の記事です。 この古い新聞の切抜きで創業は文久年間であったことがわかりました。文久は、1861年(文久元年)から1863年(文久3年)で今から約150年位前に、創業者、信四郎で駕籠屋が本業でつづらの製造を始めたよ…

お店の下に瓶

お店の地下にかめがあります。   柿渋のかめ つづら制作の工程で竹かごの上に和紙を張ったあとに柿渋を塗る工程があります。 柿渋をこの瓶に入れて保存をしてました。 カシュ―漆を塗る前の下地材料を保管する場所として…

ブログをはじめました。

つづらやのブログをはじめました。 これからつづら屋の記事や、お店の建替えを投稿していきます。   3月からお店の建替えが始まりました。建て替え前にお店のむろの写真を撮りました。昭和初期、当店ではつづら箪笥の制作…

漆を乾かす場所